サイトマップ

暮らし継がれる家三井ホーム 新卒採用サイト

住まいができるまで

敷地・地盤環境調査 ディスカッション プランニング 施工 お引き渡し メンテナンスフォロー
  • 敷地・地盤・環境調査

    地・風・光・人・法。すべてを知りつくす「はじめの一歩」

    お客様の夢と、私たちの理想を形にするとき、最初に必要となるのが土地。
    住まいづくりの礎です。その土地の状況を調査するのは当然の務め。
    土地の形状や大きさはもちろんのこと、地盤の強度や地質まで調べあげていくわけですが、それだけでは終わりません。周囲の自然や建造物の存在、日照つまり光の状況、風の方向や強さ、人通り、隣家からの視線、法的規制などなど、ありとあらゆる調査・分析をたくさんのスタッフが徹底的に行います。
    お客様は、ご自分の土地の事は意外と全てはご存知ないものなのです。
    私たちプロがお客様よりもその土地を「知る」ことが、まさにはじめの一歩なのです。

    建替えのお客様の土地には暮らしの歴史が詰まっています。
    例えばお子様の誕生からともに成長してきた木々など。残したい歴史と新しい暮らしを融合させる出発点です。

  • ディスカッション

    家を建てるだけが仕事じゃない。夢を共有する重要なプロセス。

    土地が確保され、調査が済んだからといって即着工とはいきません。
    三井ホームは暮らしを見つめなおすことから家づくりをはじめるからです。
    そのために重要なのがディスカッションというプロセス。
    お客様はモデルハウスを通じて夢をイメージ化しますが、それを単に「ヒアリング」するだけでは本当の家づくりはできません。
    私たちの経験や想いも含めお客様とディスカッションの中で語り合うことで本当の意味でお客様の実現したい「夢」や「暮らし方」を共有することができるのです。

    ご家族のことをお聞きするうちに盛り上がりすぎて家づくりの話題をほとんどできなかったなんてことも。でも実はこれこそがディスカッションなんです(笑)

  • プランニング

    夢をカタチに。細部に至るまでお客様と確認・共有する。

    平面・立面図、外観、インテリアイメージなど、ディスカッションの内容を反映し、インテリア・エクステリアをトータルに配慮したプランを作成提案します。
    部資材や設備の見積書を作成し、全体資金計画書と資金調達・返済計画書を提案。
    お客様に確認をいただけたところでご契約となります。
    すでにこの段階で、たとえば建築家と一部屋ごとにスイッチやコンセントの位置など細部まで打ち合わせをし、インテリアコーディネーターがキッチン・家具・照明・カーテンなどをコーディネート。
    ディスカッションで共有した「夢」が、結果的にどんな「カタチ」に結実することになるのか、それもまたしっかり共有します。何もないところからつくり上げるために私たちの想いをプランニングに詰め込みしっかり届けます。

    いろいろな夢を盛り込み初めてプレゼンテーションする時はもうどきどきです。
    三井ホームの想いを届ける大切な場でお客様の目が輝く瞬間が最高です。

  • 施工

    細部に描いた「夢」をより早く、より高いクオリティで実現する。

    建築確認の許可が下りるといよいよ工事に。
    着工前の地縄の確認、土壌処理、地盤面からの湿気を防ぐための防湿シート敷設を経て、独自開発の厚さ150mmの鉄筋コンクリートを打設。
    基礎を作ります。 その後、床・壁・屋根の組み上げから屋根面材の取り付け、防水処理を施し、上棟の際には、コンセントや空調、照明器具などの位置を最終確認していただく。
    ここまでが着工から竣工に至るまでの大まかなプロセスとなります。
    もちろん、お客様ごとに異なる「夢」があり、その「カタチ」もそれぞれに異なりますが、基本プロセスをこうして標準化できていることで、高品質と工期短縮という効果を上げている点もまた、私たちの誇りなのです。

    ただカタチにするだけでなく、ご入居後に気持ちよく住んでいただくには近隣配慮は欠かせません。

  • お引き渡し

    「満足」ではなく「感動」を夢をカタチにする総仕上げ。

    工程の最終段階は、外部・内部の仕上げ。内外の下地工事から、室内壁や建具、インテリアやエクステリアまで仕上げ、検査担当が入念にチェック。お客様の検査も完了した時点で、いよいよご入居へと段階が進みます。
    このタイミングが、関わったスタッフ全員の緊張と期待が高まる時でもあります。
    「本当にお客様の要望や期待に応えられたのか」という緊張のなか、お客様の満面の笑みを見る時、すべての関係者がこの仕事の喜びを堪能するのです。
    鍵の引き渡しや融資・登記の手続きが進んでいくなか、「期待通りどころか、それ以上」というような言葉をいただくことが私たちの最上の喜びであり、私たちの仕事の原点となっているのです。

    住宅の仕事は責任も重く大変な仕事ですが、この瞬間のお客様の笑顔をみるとすべてが報われます。また多くのお客様にこの喜びを届けたいという気持ちになります。

  • メンテナンスフォロー

    「暮らし継がれる家」づくりは終わらない。

    三井ホームが目指しているのは「人から人へと暮らし継がれる家づくり」。
    だからこそ住まいの長期メンテナンスや、万一お客様が住まいを売却する際のサポートシステムも整えています。
    私たちがお客様とともにつくり上げた「住まい」は、永きにわたって良質な資産になる……
    そう信じて疑わない自信のあらわれであり、確かな証しともいえます。
    「60年点検システム」もまた、お客様の「夢のカタチ」を守り続けようという情熱の証し。
    「暮らし継がれる家」とは、竣工で「出来上がり」ではありません。その後、何十年もの間、お客様とともに見つめ、ともに維持していくこと。それが三井ホームの仕事なのです。

    営業個人としてもお客様とつながり続けられるのは、会社としての永きにわたる
    サポートがあってこそ。