サイトマップ

暮らし継がれる家三井ホーム 新卒採用サイト

建築系学科出身 営業座談会

高波 雄太
鈴木 雅彦
中瀬 周作
小串 有里加

※インタビューは2014年度に実施

――― なぜ、建築を学んだうえで営業を選んだのですか?

鈴木
僕はもともと営業志望ではなく、技術系の仕事を志望していました。その中で三井ホームのモデルハウスを訪れたとき、住宅のデザイン性の高さや、対応してくれた方の人柄がとても魅力的だったんです。それで職種は関係なく、この会社で働きたいと思いました。
小串
私は人と話すことが好きだったので、最初から営業志望でした。建築業界の中でも住宅メーカーを選んだのは、大きな建物を手掛けるよりも、お客様とじっくり関わる仕事をしたかったからです。特に三井ホームの営業は、売って終わりでなく、家づくりの最初から最後までトータルに携われることに惹かれました。
鈴木
建築系の仕事を考えるとき、大規模な建築物か、個人の住宅か、悩みますよね。
高波
そうですよね。僕は設計を学んでいたのでゼネコンや設計事務所も検討しました。でも大きな建物の一部を担当するよりも、より身近な住宅を手掛けたいと思いました。
中瀬
僕は大学で住宅史を学んだことをきっかけに、家づくりに携わりたいと思うようになりました。設計に興味があったものの、技術的な勉強はしていなかったので営業職を志望。三井ホームは営業、設計、工事と色々な仕事を経験できる可能性があったので、違う職種にも興味がある自分にぴったりだと思いました。
鈴木
確かに、将来は工事や設計に移れる可能性があることは魅力でしたね。正直最初は、営業をやることへの不安もありましたし。
高波
あー、それわかります!僕も人見知りするタイプだし「自分に営業ができるのかな?」と不安になったこともありました。でも実際やってみると思っていた以上に面白くて、気づけば長く続いています。
中瀬
僕は入社後、半年間工事を経験してから営業にきました。だから商品や業界にある程度慣れていて、営業の仕事もスムーズに始められました。
小串
私も最初の半年間は工事でした。職人の方にコーヒーをごちそうになったり、休憩時間にアイスをもらったり、すごく優しくしてもらいました。
中瀬
僕はアイスまではなかったな(笑)。最初に工事の仕事を経験して、契約後の工程を知ることができたのは営業の仕事にプラスになっていると思います。

.

.

――― 営業のどんなところに、やりがいや面白さを感じますか?

.

.

鈴木
他社と競合になることも多いのですが、僕は負けず嫌いなところがあるので、やっぱり契約を勝ち取れると嬉しい。そのために戦略を練る面白さも感じています。
小串
お客様にとっては一生に一度の大きな買い物なので、任せていただけるのは本当に嬉しいですよね。あとは売るだけじゃなくて、スケジュールや予算の管理も営業の大切な仕事。お客様の大切な住まいづくりを手掛けることのやりがいと責任を日々感じます。
鈴木
確かにそうだよね。家づくりに最も幅広く関われて、全体をコントロールできるのは営業だと思います。お客様と最も近いところで直接話ができるので、自分自身も納得して仕事を進めることができています。もちろんそのためには、信頼をいただかないとだめですけどね。
中瀬
ほかの仕事では出会えないような方々とお付き合いできることも、この仕事の魅力だと思います。三井ホームのお客様は経営者など成功されている方が多いので、話をする中で新しい価値観に気づかせてもらえるなど、人として勉強になることがたくさんあります。あとはすごく素敵なご家庭を築いている方が多くて、自分もこんな風になりたいって思いますね。
高波
それはすごくわかる!住宅の営業って、ご家族内の関係などお客様の深いところまで入り込む仕事ですからね。だからこそ関係性が深まって、理想の住まいを一緒に実現させたいという気持ちも強くなります。
鈴木
僕は住宅が好きなので、営業として本当にいい家づくりを追求できることが面白いですね。要望を叶えるのはもちろん、自分も本当にいいと思える家をつくることがお客様のためになると思います。そしてやっぱり、ひとつの家が完成した時の嬉しさは格別。
小串
私はまだ自分が手掛けた家が完成したのを見たことがないんです。だから、今着工中の物件が完成するのが本当に楽しみです。

後編へ続く